1分でわかるビットコインキャッシュ

CoinTextの威力

time 2018/07/26

CoinTextの威力

SMSは携帯電話のサービスで、インターネットが使えなくてもテキストを送受信できる
CoinTextはSMSを使ってビットコインキャッシュの決済をする
CoinTextはインターネットが使えない人でもビットコインキャッシュを使えるようにする画期的なサービス

かつては携帯電話の通信規格が乱立していました。通信規格が異なる機器同士では通信ができません。ヨーロッパを中心にGSM(Global System for Mobile Communications)という通信方式が統一規格として採用されました。

SMS(short message service)は短いテキストを送受信するサービスで、GSM携帯電話のサービスとして登場しました。その後、SMSはテキスト送受信の世界標準規格に採用されたため、世界共通のテキスト送受信サービスとなりました。

ここでざっくり説明をすると、SMSは通話と同じ方法で通信をします。しかも通話よりも通信量が少ないです。インターネットへの接続は一般に、通話とは異なる方法で通信をします。つまり、SMSはインターネットができなくても、通話さえできれば(電話番号さえ持っていれば)送受信ができるということです。

そして、そのSMSを使ってビットコインキャッシュの決済を行うCoinTextというサービスが登場しました(まだ日本では利用できません)。Cointextは電話番号さえあればビットコインキャッシュの送受信ができるようになります。インターネットが使えなくても、ビットコインキャッシュを使用することができるのです。

CoinTextではアプリケーションの導入等が必要なく、テキストメッセージのみで次の4つの機能を使用することができます。
①BCH残高の確認
②BCH受信のためのアドレス表示
③他の電話番号へのBCH送信
④任意のアドレスへのBCH送信

CoinTextは電話番号を使って秘密鍵を生成するので、電話番号さえあればビットコインキャッシュの送受信が可能となります。
(参考記事:秘密鍵とは

電話番号さえあればすぐに秘密鍵を生成し、その秘密鍵からアドレスを生成できるため、3つめの機能「他の電話番号へのBCH送信」では、CoinTextを使ったことのない人にもビットコインキャッシュを送金することが可能です。ウォレットを作らずに、すぐにビットコインキャッシュを受け取ることができるのです。なお、CoinTextには秘密鍵のデータが残らない(決済のたびに生成、消去する)ため非常に安全です。

CoinTextは2018年末までに、世界54か国においてあらゆる言語で使用できるようになることが予定されています。SMSはほぼ全ての携帯電話で使用できますから、ゆくゆくは携帯電話を持つ全ての人がビットコインキャッシュを使えるようになるでしょう。CoinTextはビットコインキャッシュの経済圏を爆発的に広げる画期的なサービスです。

公式サイトはこちら
Twitter公式アカウントはこちら

記事がいいなと思ったら、よろしければ応援のチップをお願いします!

qpjmhc9wpfhjy24a7z39vfra0zs9rr64euxy6gra0t

sponsored link

down

コメントする




ビットコインキャッシュの可能性

運営者紹介

しいな

しいな

ビットコインキャッシュの仕組みやニュースを誰よりわかりやすく伝えます。 [詳細]



sponsored link