1分でわかるビットコインキャッシュ

eatBCHという活動

time 2018/08/06

eatBCHという活動

ベネズエラではハイパーインフレーションが続いている
eatBCHはビットコインキャッシュの募金によって、ベネズエラの人々に食料を支給する
eatBCHの活動は、ベネズエラ以外の国にも広がり始めている

ベネズエラは南アメリカ大陸の北部に位置する国で、近年類をみないハイパーインフレーションに見舞われています。ベネズエラは世界一の原油埋蔵量を誇る国で、南米の中では非常に裕福な国でしたが、原油価格の下落や政府の失策などが重なり、経済状況が悪化していきました。

現在ベネズエラの輸出収入のほとんどが原油によるものであるため、原油価格の上下が経済状況に直結します。2014年頃に原油価格が下落し、この頃からベネズエラ経済は歴史的なハイパーインフレーションに直面しています。所持している通貨で日用品を買うこともままならない状況です。

eatBCHはビットコインキャッシュによる寄付を募り、集まったビットコインキャッシュを使ってベネズエラの人々に食料などを支給する活動です。

銀行口座は政府の管理下にあり、アメリカドルはすぐにボリバル(ベネズエラの通貨)に換金されるためインフレーションの影響を受けてしまいます。またPayPal(クレジットカード決済システム)を使用するのにも、アメリカドルが必要であるため使うことができません。

だからこそeatBCHはビットコインキャッシュを利用しています。ビットコインキャッシュを利用するのは、送金速度が非常に速く、手数料等もほとんどかからないためです。しかもビットコインキャッシュの価値は世界共通ですから、ベネズエラのインフレーションの影響を受けません。

全てのビットコインキャッシュの送金記録は、ブロックチェーン上で世界中の人が確認できるため、eatBCHに集まった募金額を確認することができます。
eatBCHのアドレス(pp8skudq3x5hzw8ew7vzsw8tn4k8wxsqsv0lt0mf3g

さらにeatBCHは毎月の活動報告とともに、出金したビットコインキャッシュの使い道を、スプレッドシートで閲覧できるようにしています。
2018年3月の報告

そしてeatBCHの活動はベネズエラ以外の国にも広がり始めていて、2018年5月からは南スーダンでもeatBCHの名前で同様の活動が行われるようになっています。
eatBCH(南スーダン)のアドレス(qrsrvtc95gg8rrag7dge3jlnfs4j9pe0ugrmeml950

価値が国家に左右されないビットコインキャッシュを使って、ベネズエラや南スーダンの方々へ寄付を行ってみてはいかがでしょう。ウォレットを使って実際に送金する時は、ウォレットの導入記事を参考にしてみてください。
(参考記事:Bitcoin.com Walletを使ってみよう

公式サイトはこちら
Twitter公式アカウントはこちら

記事がいいなと思ったら、よろしければ応援のチップをお願いします!

qqjay6pwfx3pgjdgcaqchf9krfg24u084qnrp64c2e

sponsored link

down

コメントする




ビットコインキャッシュの可能性

運営者紹介

しいな

しいな

ビットコインキャッシュの仕組みやニュースを誰よりわかりやすく伝えます。 [詳細]



sponsored link