1分でわかるBitcoinSV

ブロックチェーンは改竄(かいざん)が難しい

time 2018/06/27

ブロックチェーンは改竄(かいざん)が難しい

ブロックチェーンを改竄するには、正しく計算する大多数の人より早く、改竄されたブロックを繋がなくてはならない
ブロックチェーンの改竄は非常に困難である

ブロックチェーンの分岐についてで「一番長いブロックチェーンが正式なブロックチェーンとなる」というルールがあることを確認しました。まずおさらいをすると、ブロックを作るためには計算問題を解かなくてはならないのでした。計算大会についてさらに詳しく説明すると、ブロックが作られたとき(計算問題を誰かが初めに解いたとき)、答えが全員に共有されます。本当にその人の計算が正しいかどうかを、全員が確認するのです。確認をして正しいとわかったら、全員がまた次の計算問題に取り組みます。

このブロックを作っていく作業(ビットコインキャッシュの取引を記録していく作業)において、もしも取引を改竄しようとする人がいたらどうなるかを、今日は考えていきましょう。

今まで通り計算大会が行われています。

計算問題を初めに解いた人(Aくん)はブロックを作ります。


ここで、悪いやつが改竄したブロックを作りました。


しかし、答えが全員に共有され、本当にその人の計算が正しいかどうかを全員が確認したとき、その答えは正しくないと考える人が多くいました。

その人たちの中で計算を解いた人(Bくん)が正しいと思うブロックをチェーンにつなげました。


他の人(Cくん)も悪いやつの計算は正しくないと考えたので(Bくん)の方のチェーンに自分のブロックをつなげました。


結局、BくんとCくんの方のチェーンにDくんも自分のブロックをつなげていったので、長いブロックチェーンが正しいブロックチェーンであるというルールによって、悪いやつの改竄したブロックは正しいブロックチェーンだと認められませんでした。


ブロックチェーンを改竄するには、改竄したブロックを作るのに計算を解かなくてはなりません。その計算を解いている間に、どんどん正しくブロックチェーンがつながれていってしまいます。改竄しようとする人は、正しくブロックチェーンがつながれていくより早く改竄したブロックチェーンをつないでいかなくてはならないのです。計算大会に参加している人は誰もが賞品のビットコインキャッシュを欲しいと考えているため、正しくブロックチェーンをつないでいきます。このことから、ブロックチェーンの改竄は非常に困難であると言われています。

sponsored link

down

コメントする




ビットコインキャッシュの可能性

運営者紹介

しいな

しいな

Bitcoin SV (ビットコインエスヴィー)の仕組みやニュースを誰よりわかりやすく伝えます。 [詳細]



sponsored link