1分でわかるビットコインキャッシュ

新しい経済圏の開拓

電子(デジタル)世界における経済圏はこれから形成される
デジタル経済圏を担うのは法定通貨ではなくビットコインキャッシュである
ビットコインキャッシュはデジタル経済圏を新規形成することにより、世界に必要な存在となる

「即時越境性」が切り開く未来②で説明したように、ビットコインキャッシュは電子世界の経済圏を新たに形成します。ここで重要なのは、今はまだ存在しない大きな経済圏がこれから作られるということです。

インターネットの普及により、世界中の人と連絡を取り合うことができるようになりました。それにより外国から物を取り寄せることも簡単にできるようになりました。しかしその支払いには手数料や税金がかかっていますし、物流に対しても関税などがかかっています。法定通貨でやり取りをしている限りは、国境を意識せざるを得ません。

しかし「即時越境性」が切り開く未来①で説明したように、デジタルサービスの売買をビットコインキャッシュで決済する場合は、売買する二者が物理的にどんなに離れていても第三者に手数料や税金を支払うことなく、しかも即時に決済することができます。

それにより、法定通貨では作ることのできなかった、国境を意識しない、国家という枠組みを超えた経済圏がこれから電子世界の中に作られるということになります。

電子(デジタル)世界に新しく経済圏が作られることは、既存の現実(アナログ)世界の経済圏への追加という形で行われます(代替ではありません)。新規に追加で経済圏が開拓されて、経済圏は全体としてさらに大きくなります。

既存のアナログ経済圏は現在法定通貨が担っているので、ビットコインキャッシュが担うようになるまでには、法定通貨からビットコインキャッシュへの移行期間が存在します。しかし、デジタル経済圏は新規に開拓されるものであり、なおかつビットコインキャッシュと非常に相性がよいため、デジタル経済圏は最初からビットコインキャッシュだけが担うことになります。

法定通貨が進出できない領域に突如として現れるデジタル経済圏を担う存在がビットコインキャッシュである以上、ビットコインキャッシュの存在は無視できないもの、世界に必要なものとなるでしょう。

記事がいいなと思ったら、よろしければ応援のチップをお願いします!

qpur7tejl76adjgp75g8hg389vm0pf6vmcjqutfcy6

sponsored link

down

コメントする




ビットコインキャッシュの可能性

運営者紹介

しいな

しいな

ビットコインキャッシュの仕組みやニュースを誰よりわかりやすく伝えます。 [詳細]



sponsored link