1分でわかるBitcoinSV

秘密鍵とは

ビットコインキャッシュの「預金機能」と「決済機能」を担う秘密鍵は、他人に知られると非常に危険である
秘密鍵があればビットコインキャッシュの送金ができる(決済)
送金をしないということは保管をするということである(預金)

ビットコインキャッシュは革命だ③(3つの理由)において、秘密鍵を通貨利用者が管理することは、今まで銀行が担っていた「預金機能」と「決済機能」を通貨利用者に分散させることだと説明しました。ビットコインキャッシュの送金における、秘密鍵の役割について説明します。

①秘密鍵について

ビットコインキャッシュを保管・送金するには秘密鍵(文字列)というものが必要になります。秘密鍵はとても大切で、他人に知られてしまうとビットコインキャッシュを全て盗むことができるため、絶対に他人に知られてはいけません。

秘密鍵には必ず、対になる公開鍵というものが存在します。公開鍵から秘密鍵の文字列を推測することは不可能です。

全てのビットコインキャッシュ・アドレスは公開鍵から作られています。公開鍵とビットコインキャッシュ・アドレスは世界に公開されています。

②送金する方法

アドレス(qz6sqa……)の所有者は、自分の秘密鍵と取引内容をとある数式に入れて、デジタル署名を生成します。例えば取引内容は(qz6sqa……)から(qrzqr0……)へ1BCHを送るものとします。

生成されたデジタル署名と公開鍵をとある別の数式に入れると、このデジタル署名は公開鍵と対になる秘密鍵から生成されたものだということがわかります(秘密鍵の文字列はわからない)。

これをまとめると、アドレス(qz6sqa……)の元となった公開鍵と対になる秘密鍵の所有者が、アドレス(qz6sqa……)からの取引を行うということが確認された後、実際に取引が行われるということになります。

③まとめ

このように秘密鍵には対になる公開鍵とそこから作られたアドレスがあり、秘密鍵さえ知っていれば、そのアドレスから送金する取引(決済)ができます。また、送金ができるということは秘密鍵さえ他人に知られなければ、ずっとビットコインキャッシュをそのアドレスに保管(預金)しておくことができます。したがって、秘密鍵はビットコインキャッシュの「預金機能」と「決済機能」を担う、非常に大切なものなのです。

sponsored link

down

コメントする




ビットコインキャッシュの可能性

運営者紹介

しいな

しいな

Bitcoin SV (ビットコインエスヴィー)の仕組みやニュースを誰よりわかりやすく伝えます。 [詳細]



sponsored link