1分でわかるBitcoinSV

ビットコインキャッシュは革命だ④(導かれる未来像)

time 2018/07/06

ビットコインキャッシュは革命だ④(導かれる未来像)

ビットコインキャッシュによって、現実(アナログ)世界においても電子(デジタル)世界においてもサービスが加速度的に充実し、デジタル・アナログ複合の経済圏を形成する
デジタル・アナログ複合の経済圏は、国家という枠組みを超えて地球規模で拡大し続ける

ビットコインキャッシュは革命だ③(3つの理由)で説明をしたように、ビットコインキャッシュは「非中央集権」「二者間取引」「即時越境性」という3つの特性を同時に併存させています。この3つの特性を同時に有していることがなぜ革命的なのかを考えるため、3つの特性を更に個別で深く考察する記事を書きました。

①非中央集権(参考記事:「国家からの離脱」という挑戦
→貨幣価値の裏付けを「国家への信用」としている限り、貨幣の寿命は国家の寿命(約100年)を超えることができない。価値の裏付けを「ブロックチェーン」へと移行し管理者を不在とすることによって、全く新しい構造で永く稼働し続ける通貨へと変貌を遂げようとしている。

②二者間取引(参考記事:「モノづくり」時代の幕開け
→ビットコインキャッシュが通貨として機能する時、サービス提供者と利用者の間での中間搾取がなくなる。売り上げが純粋にモノづくりの報酬としてのみ割り当てられる。今まで手数料に割り当てられていた部分も報酬となるため、純粋にサービスの生産を後押しすることになり、経済圏における生産が加速する。

③即時越境性(参考記事:「即時越境性」が切り開く未来②
→電子世界における決済は法定通貨よりもビットコインキャッシュの方が適している。ビットコインキャッシュによって新たに電子世界の経済圏が形成される。現実世界と電子世界の共通通貨としてビットコインキャッシュが橋渡しとなり、相互の経済圏が互いに影響し合う。

技術の発達により電子世界が拡大した未来において、電子世界の中にも経済圏が構築されていきます。そしてその「電子(デジタル)世界の経済圏」は「現実(アナログ)世界の経済圏」と相互に影響を与え合いながら発展していきます。結果生まれる「デジタル・アナログ複合の経済圏」では現代より高いサービス生産力を誇ります。それにより充実したサービスで満たされた「デジタル・アナログ複合の経済圏」は、国家から離脱した存在であるビットコインキャッシュによって支えられているため、国家という現代の枠組みを超えて成長していきます。

3つの特性を同時に有しているからこそ、現実世界と電子世界の双方に対して、国家の枠組みにとらわれない、地球規模での加速度的なサービスの充実を、ビットコインキャッシュは永続的に与えてくれるのです。特性が1つでも欠けてしまっていたら叶わないであろうこの理想的な未来が訪れることを信じたいものです。

sponsored link

down

コメントする




ビットコインキャッシュの可能性

運営者紹介

しいな

しいな

Bitcoin SV (ビットコインエスヴィー)の仕組みやニュースを誰よりわかりやすく伝えます。 [詳細]



sponsored link