1分でわかるBitcoinSV

ビットコインキャッシュの価値の裏付け①

time 2018/06/22

ビットコインキャッシュの価値の裏付け①

計算問題を解く作業 = マイニング
計算大会の参加者 = マイナー
マイナーはビットコインキャッシュを手に入れるために莫大な電気代を支払っている
ビットコインキャッシュには入手費用(電気代)がかかっているため、少なくとも費用に相当する価値を持っていると考えられる

取引を記録する仕組み(ざっくり編)で、ビットコインキャッシュの取引を記録するために、ある計算大会が継続的に行われているという話をしました。今日はこの話を掘り下げてみたいと思います。

ビットコインキャッシュシステムにおける計算大会には、どんなコンピューターでも参加することができますが、この計算大会で一番初めに計算問題を解くために、現在では物凄く高性能なコンピューターが並列で計算しています。ですから、一般の家庭用コンピューターではもはや全く勝てない状況です。

物凄く高性能なコンピューターが大量に作動しているので、当然ながら電力も物凄く消費しています。電力を物凄く消費するということは、電気代も物凄くかかっているということになります。ここで今一度確認すると、計算大会の参加者は賞品のビットコインキャッシュをもらうために、一番初めに計算問題を解くことを目指していました。したがって、参加者はビットコインキャッシュをもらうために莫大な電気代を支払っているということになります。

ビットコインキャッシュを手に入れるためには膨大な費用が必要となるわけですが、これがさながら金(ゴールド)の採掘に膨大な費用がかかることに似ていることから、しばしばマイニング(mining / 採掘)と呼ばれます。併せて、ビットコインキャッシュのマイニングをする人たち(計算大会の参加者)はマイナー(miner / 鉱夫)と呼ばれます。

ビットコインキャッシュのブロックチェーンには2009年から現在まで取引が記録され続けていますが、これはビットコインキャッシュを採掘する人(マイナー)が常にいるためです。マイナーが膨大な費用をかけながらもビットコインキャッシュを採掘するのは、ビットコインキャッシュに価値があると考えているからです。ここで重要なのは、膨大な費用がかかって採掘されたことで、少なくともビットコインキャッシュには採掘費用(電気代)に等しい価値がつきます。これは、費用(経費)をかけて手に入れたものを、経費を除いて売る人は自由市場にいないからです。

ビットコインキャッシュに価値があるから採掘をしたのか、採掘をしたから価値がついたのかはわかりません。しかし、現在においてビットコインキャッシュに価値があると考えている人たちが、費用をかけてでもビットコインキャッシュを手に入れたいと、採掘作業を続けているのは事実です。マイナーがビットコインキャッシュを採掘し続けることにより、ビットコインキャッシュの取引が記録され続けている傍らで、ビットコインキャッシュの価値の一端が担われているのです。

sponsored link

down

コメントする




ビットコインキャッシュの可能性

運営者紹介

しいな

しいな

Bitcoin SV (ビットコインエスヴィー)の仕組みやニュースを誰よりわかりやすく伝えます。 [詳細]



sponsored link