1分でわかるBitcoinSV

ウォレットについて

ウォレットでは秘密鍵を管理する
目的が決済重視ならインターネット接続頻度が多いウォレットを、預金重視ならインターネット接続頻度の少ないウォレットを選ぶ

ビットコインキャッシュはしばしば、「ウォレットで管理する」と言われます。「wallet = 財布」ですので、ウォレットの中でビットコインキャッシュを管理するのかと勘違いしてしまいがちですが、ウォレットで管理するのはあくまで秘密鍵だということを覚えていてください。

秘密鍵とはで、秘密鍵は預金と決済に必要なものであるということを確認しました。いわばキャッシュカードと暗証番号と印鑑を合わせたようなものです。個人で預金と決済ができるほどの重要なものなので、厳重に保管しなくてはなりません。

ウォレットには大きくわけて4種類あります。「ウェブウォレット」「ソフトウェアウォレット」「ハードウェアウォレット」「ペーパーウォレット」の4つです。

ウェブウォレットは、インターネット上に秘密鍵を保管します。IDやパスワードがあればアクセスできる(ビットコインキャッシュの取引ができる)ため、インターネット環境があればいつでもどこでも決済が可能です。

ソフトウェアウォレットは、パソコンのデスクトップやスマートフォンなどの電子端末上に導入したソフトウェア内で秘密鍵を保管します。一般に、端末が大きくなればなるほど持ち運びなどの利便性は低くなりますが、インターネット接続頻度は減少します。

ハードウェアウォレットは、秘密鍵の管理に機能を特化した端末内で秘密鍵を保管します。通常それ単体ではインターネット接続はできません。

ペーパーウォレットは、紙に印刷するなどして秘密鍵を保管します。当然インターネットへの接続はできません。

インターネットへの接続頻度が多ければ決済がより容易で便利になる一方で、コンピューターウィルスへ感染したりフィッシング詐欺に遭ったりする確率が高くなり、秘密鍵を盗まれる危険性が高くなります。反対に、より厳重に秘密鍵を守り、取引機会を減らして預金を希望するときは、まずインターネットへの接続頻度を減らすことが大切になります。

どのウォレットを使うかは、使用目的が決済中心なのか、それとも預金中心なのかによって決めるのが良いでしょう。当然少額で頻繁に決済をしたいと考える人もいれば、大金をずっと厳重に保管したいと考える人もいて、用途や場面によって、どのウォレットが適切かは異なってきます。複数のウォレットを併用することも可能です。

自分の目的が決済と預金のどちらを重視するのか、決済ならインターネットの接続頻度が多いウォレットを、預金ならインターネットの接続頻度が少ないウォレットを選び、場面によってはそれらを併用することが大切です。例えばウェブウォレットよりは安全性を考慮してソフトウェアウォレットで少額決済を、ペーパーウォレットではさすがに動かしづらいので資産のほとんどをハードウェアウォレットで管理をする、などとすると良いでしょう。

sponsored link

down

コメントする




ビットコインキャッシュの可能性

運営者紹介

しいな

しいな

Bitcoin SV (ビットコインエスヴィー)の仕組みやニュースを誰よりわかりやすく伝えます。 [詳細]



sponsored link