1分でわかるビットコインキャッシュ

ブロックチェーンはビットコインキャッシュがあってこそ

time 2018/07/01

ブロックチェーンはビットコインキャッシュがあってこそ

ブロックチェーンの特性があるからビットコインキャッシュは通貨たり得る
通貨としてビットコインキャッシュが機能するからブロックチェーンの特性がフルに活きる

「国家からの離脱」という挑戦で述べたように、ビットコインキャッシュはブロックチェーンを価値の裏付けとしていて、言うなればブロックチェーンという技術があるからこそ存在している通貨です。つまりビットコインキャッシュはブロックチェーンに依存しているとも言えます。

一方で、ブロックチェーンの特徴とはで説明したように、ブロックチェーンは管理者を必要としない上に「単一障害点を持たず、永続的に動き、内容の改竄が困難である」という特性を持っています。しかしこの中で「永続的に動く」という点だけはブロックチェーンの構造のみから生じた特性ではありません(独立した特性ではない)。ここで重要なのは、ビットコインキャッシュの取引を記録する作業において、マイナー(コンピューターによる取引記録者)は報酬※があるからこそ取引を記録し続けるということです。つまり、ブロックチェーンが永続的に動作する(取引が記録され続ける)ためには、報酬が不可欠ということになり、ブロックチェーンは報酬に依存していると言えます。報酬とはもちろん他ならぬビットコインキャッシュのことですから、ブロックチェーンは永続的に動くためにビットコインキャッシュに依存しているのです。

ブロックチェーンは取引記録を始めとして情報を記録する役割を持っていて、これはあくまでデータベース(電子的に蓄積された検索可能な情報群)の一種と言えます。何らかのサービスにおいてブロックチェーンの特性の一部(単一障害点を持たず、内容の改竄が困難であること)を持つデータベースが必要な場合に、ブロックチェーン技術を採用することでそれが叶う(望みのデータベースを構築できる)場面はあるでしょうし、とりわけ記録等の処理速度がビットコインキャッシュのブロックチェーンのそれを上回る場合もあるでしょう。例えば法定通貨の膨大な数の取引を瞬時に処理・記録することができるかもしれません。しかし付与できる特性はあくまで一部で、そのデータベースには必ず管理者が必要であり、永続性を保証されることもありません。極端な話をすれば、会社が潰れてしまえばそのデータベースは止まってしまうほかないのです。

まとめると次のようになります。ビットコインキャッシュはブロックチェーンがあるから通貨として機能します。一方でブロックチェーンが管理者を必要とせず、なおかつ「単一障害点を持たず、永続的に動き、内容の改竄が困難である」という特性を全て併存させるためにはビットコインキャッシュが通貨として機能することが必要となります。ブロックチェーンの一部の特性がサービスに使用されることはありますが、管理者を必要とし、永続性の保証がされません。

※報酬については取引を記録する仕組み(ざっくり編)を参照してください。

sponsored link

down

コメントする




ビットコインキャッシュの可能性

運営者紹介

しいな

しいな

ビットコインキャッシュの仕組みやニュースを誰よりわかりやすく伝えます。 [詳細]



sponsored link